お股の黒ずみにトレチノインとハイドロキノンはとっても危険!?

黒ずみの対策としての効果が高いトレチノイン、ハイドロキノン療法を行う人が近年増加してきました。
この療法を行うことでシミや黒ずみを薄く出来るのですが副作用があるため、使用する前に知識をつけてからにしましょう。

 

トレチノインとハイドロキノン療法は黒ずみやシミを取り除く事ができます。
ただし劇薬の為、良く考えて使用をする必要があるのをしっていましたか?

 

なぜなら劇薬であるために、炎症後色素沈着を引き起こす可能性があるんです。
もしこの炎症後色素沈着引き起こしてしまえば黒ずみが、さらに悪化してしまいます。

 

せっかく黒ずみを薄くしようとしようした、療法が原因で黒ずみが色素沈着しては嫌ですよね。

 

当サイトでは黒ずみを悪化させないために、炎症後色素沈着のお話から、正しいケアの仕方をご紹介いたします。

 

炎症後色素沈着になる?トレチノインハイドロキノンの危険性

 

先にもお話しましたがトレチノイン、ハイドロキノン療法は炎症後色素沈着を引き起こす危険性があります。

 

炎症後色素沈着とは
お肌が強い刺激受けた際に、角質層にあるメラノサイトが刺激される事でメラニン色素が生成されることです。

 

このメラニン色素は黒ずみの原因であるため、蓄積されてしまうと次第に黒ずみが悪化してしまいます。
お股は体の部位の中でもデリケートゾーンと言われているように、角質層が薄くダメージを受けやすい部位です

 

トレチノイン、ハイドロキノン療法は効果が強くあらわれる為に、黒ずみが気になる人にとっては、気になる療法です。
ただし劇薬の為、副作用の危険性があるのですね。

 

色素沈着にはデリケートゾーン専用クリームが効果あり!

 

もしお股が炎症後色素沈着になってしまったら、デリケートゾーン専用美白クリームの使用をしましょう。

 

一度メラニンが蓄積されることで、黒ずんでしまった、お股を改善するにはメラニンの排出が必要になります。
そのためにはお肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーを促進を促すことが黒ずみを薄くする近道となります

 

つまりメラニンが多く蓄積されてしまったお肌(角質)を新しいお肌を作り出すことで排出してしまうと言うことです。

 

ただしお股はほかの部位よりも角質が薄くダメージを受けやすい為に、デリケートゾーン専用の美肌クリームが良いです。
必ず低刺激の成分でつくられているうえに、ターンオーバー促進作用のがある成分が配合されているものを選びましょう。

 

お股はダメージを受けやすいため、低刺激配合のものを選ぶ必要があるのですね。
そして1度蓄積されたメラニンを排出するにはお肌の生まれ変わりを促進させることが黒ずみを薄くする近道なんですね。