股の痒みは黒ずみを悪化させるので注意

 

股が痒くてかいてしまうことで、黒ずみが発生してしまう事を知っていますか?
歩くたびにこすれる部分でもあるし、下着との摩擦があったりして何かと痒みが出やすいパーツでもあります。

 

股の黒ずみの原因はお肌に刺激を与えることでおこります。
つまり股をかいてしまうことは黒ずみを発生させてしまうことにつながってしまうんです。

 

ただでさえデリケートゾーンと言われ刺激に弱い部分でもあるのが股です。
デリケートゾーンであるが為に乾燥しやすく、かきたくってムズムズしやすいですよね。

 

ただし、黒ずみを悪化させてしまうために、絶対にかかない方が良いです。
痒みのとり方から、なぜ掻くことで黒ずみが悪化してしまうのかと言うお話と黒ずんでしまった後のケアの仕方をお話いたします。

 

股の痒みを解消する方法!保湿が大事

 

股が痒くてたまらないのなら、間違いなく保湿が不十分だと言えます。
保湿をすることでまずは痒みを軽減しましょう。

 

股をかけば、かくだけ肌の角質がはがれて水分が足りなくなってしまいます。
ただでさえデリケートな部分であり刺激に弱く乾燥しがちなのが股です。

 

下着との摩擦に毎日さらされ乾燥しやすくなっています。
お肌は乾燥することによって、バリア機能が失われ刺激を受けやすくなります。

 

バリア機能が失われた、カサカサした股は痒みがあるため、多くの人が掻いてしまい、更にカサカサしてしまいます。
ゆうなれば悪循環が働くことでどんどん、黒ずみが悪化してしまうんです。

 

まずは保湿をすることでバリア機能を高めて上げましょう。
カサカサから解消されることで、痒みもやわらいでくれるでしょう。

 

保湿をすることでバリア機能が改善されて、かゆみもやわらいでくれると言うわけなんですね。

 

股の痒みで黒ずみが悪化する理由

 

股を掻いてしまう事で、黒ずみはどんどん悪化します。
そもそも黒ずみの原因であるメラニン色素は、お肌に刺激を与えてしまう事で生成されます。

 

股の刺激の代表的なものは下着との摩擦やお風呂での無理なゴシゴシ洗いなどが言えます。
ただでさえデリケートゾーンと言われ刺激に弱いだけに、掻いてしまった時の刺激が元で多くのメラニン色素が生成されてしまうのです。

 

一度生成されてしまったメラニン色素は、新たにお肌を生成することで、お肌の生まれ変わりを起こすことにより、古い角質と一緒に剥がれ落さないといけません。

 

これをターンオーバーといいます。
つまり黒ずみを解消させるためにはターンオーバーを促進させることと、バリア機能を高めるために保湿することが重要といえます。

 

現在股の黒ずみ対策の製品は様々なものがありますが、中には副作用があったり中々黒ずみが解消できないものも多くあります。
副作用の心配もなく黒ずみを解消させたいのであれば、通販で販売されている黒ずみ対策クリームが良いでしょう。

 

現在通販で販売されている股の黒ずみ解消クリームの多くがターンオーバーの促進に力を入れており、保湿効果の高いものが多くなりました。
またクリームであれば洗い流す必要もないため、有効成分や保湿成分がより浸透されるのも理由のひとつです。

 

刺激を与える事が黒ずみの原因の生成につながっていたのですね。
より早く黒ずみを解消したいのであれば、通販で販売されている黒ずみ解消クリームがいいのですね。

 

股のかゆみと黒ずみを同時に解消為のクリームについては下記をご覧ください。
股の黒ずみを美白するクリームへ